プログラマー 難波 功洋

就活の失敗から改めて自分と向き合うことで、
やりがいの持てる仕事と会社に出会えました。

自分について

 難波功洋
難波 功洋
コミュニケーションサービステクノロジー部
プログラマー

2019.7入社 / 神奈川大学 工学部物質生命化学科

2019年7月に入社したばかりの新人です。

現在は先輩に付いて、お客さまとの打ち合わせに同行したり、Swiftというプログラミング言語を使ってiOSアプリケーションの開発や保守の仕事に携わっています。

自分が携わったアプリがお客さま先で実際に使われ、多くの人たちの役に立っていることを確認できると、もっといいものをつくろうという意欲が出てきます。

まだ先輩に頼ることばかりですが、これからいろいろな技術を吸収し、たくさんの課題を解決して、将来はチームを動かせるエンジニアになりたいと思っています。

入社のきっかけ

大学時代、みんなが就活に打ち込んでいる時期に、大学院への進学も視野に卒業研究に取り組んだのですが、これが学校に泊まり込むほどのハードな活動で就活の時間が取れず、将来の方向性も曖昧なままあわてて最初の就職先を決めてしまいました。

いざ入社してみると、毎日ひたすら電話をかけまくるという仕事で心身ともに消耗し、“こりゃあダメだ。この仕事に将来を託すことはできない”と早々に退職を決断しました。

そこで改めて自分に向き合い、ずっと数学が好きだったことからプログラミングのスクールに1ヶ月ほど通い、この仕事は自分に向いているかもしれないと考えるようになりました。スクールから紹介された会社のうち7社に書類を出したのですが、未経験だったので面接の通知をもらえたのは半数ぐらいで、その最初がグッドビーでした。

面接に行くと、お客さま先に常駐するのではなく、自社内開発を行っており、初心者でも先輩たちの指導を受けながら成長できる環境があると聞き、会社の雰囲気も気に入ったので迷わず入社を決めました。

現在の自分

最初はパソコンの操作にも不慣れなこともあり苦労することもありましたが、先輩たちに丁寧に教えてもらうことができ、最近は少しずつですが自分が成長していることを実感できるようになりました。仕事に手応えを感じられるようになりました。

仕事ではいろいろな人とチームを組むことも多いのですが、高校時代は野球、大学時代はアメフトとチームスポーツに親しんできたので、これからそんな経験も活かせそうな気がしています。

メッセージ

先輩たちに支えてもらいながら、何もないところから役立つアプリケーションをつくり上げるのは、とてもやりがいのある仕事です。

私と同じような苦い経験をしてWebやアプリケーションに興味を持っている人、当社で一緒にエンジニアとして成長していきませんか?

個人的には草野球が好きな人、大歓迎です(笑)

1日の流れ

9:00
9:00

出社

勝手に自ら担当をしているのですが、出社をしてすぐ会社のBGMの選曲することから僕の1日がスタートします。
天気やシーズンに合わせて選曲するのが僕のこだわりです。

10:00
10:00

社内打ち合わせ

これから始まる案件のキックオフミーティングを実施します。
キックオフミーティングでは、案件に関する細部の仕様についてやプロジェクト全体のスケジュール感の確認など、着手にあたり重要な内容についての打ち合わせになるので、気を引き締めて望みます。

12:00
12:00

ランチ

しっかり食べて午後のエネルギーを蓄えます。
先輩方に技術の質問はもちろん、日頃の小さな悩みなども気軽に相談ができるので、ランチタイムはいつもとても有意義な時間になります。

13:00
13:00

お客様来社打ち合わせ

進行中の案件のレビュー会を兼ねた打ち合わせです。
制作中の案件の進行状況を確認するためにお客様と顔を合わせて打ち合わせを行い、細かい仕様の確認を行います。

14:00
14:00

開発作業

まだまだ調べなければわからないことも多く、先輩に比べると作業スピードは遅く悔しい気持ちになりますが、その気持ちをバネにもっと知識を増やそう、もっと頑張ろうとモチベーションの向上につながっています。

18:30
18:30

帰宅

毎日18時退社を目標に頑張っているのですが、いつもちょっと過ぎてしまいます。
もっとスキルアップして自分のタイムスケジュールに沿ったパフォーマンスが発揮できるように毎日精進しています。

19:00
19:00

ランニングでリフレッシュ

学生時代は野球に打ち込んでおり、現在も草野球チームに参加し週末は試合もしています。
体が鈍ってしまわないように、週に2〜3回はランニングをしたり、ジムへ行ってトレーニングをしています。

ENTRY

応募する区分を選択してください